BATMAN/SUPERMAN:FUTURES END

 

f:id:mukashime:20161123181646j:plain

 

"So where the hell are you,Clark?"

Bruce Wayne

 

タイトル

BATMAN/SUPERMAN:FUTURES END #1

 

issue収録本

BATMAN/SUPERMAN(2013-2016) vol.4:Siege

 

 

 

あらすじ

 

 ある戦争後に目を覚ましたバットマンによるスーちゃんをたずねて三千里

 

バットマン「スーちゃんどこ💢💢💢💢💢💢」

 

 続きからちょっと詳しいメモ

 

内容メモ

 

スーパーマンのいない世界

 

(眼を開いたことで、私は自分が生きていることを知った。私は病院のベッドにいた。アルフレッドが傍に座って、マクベスを読みながら病院の音楽に合わせてハミングしている。それはすなわち、世界はあの戦争を生き抜いたということだ。そう、それで…)

 

f:id:mukashime:20161123170939j:plain

(君はいったいどこにいるんだ、クラーク)

 

 ブルース・ウェインは病院のベッドの上で眼を覚ましました。何十本という骨は折れ、満身創痍の状態ですが、兎に角生きている。そして窓の外に広がる世界は、巨大な災害にあったかのように建物が崩壊し、懸命に復興作業が行われている。

 

幾日か過ぎ、身動きが取れるようになったブルースは、式典に参加しています。被災者の死と行方不明者のために開かれた式典です。黒衣を纏った人々が、家族の写真を持ちながら悲しみに暮れています。

 

(我々は別の世界からの侵略を受けた)(奴らを退けるだけで精一杯だった)(何千もの死)(さらに何千という消失)

 

司会が犠牲者の名前を一人一人読み上げています。「クラーク・ケント」の名が読み上げられると、ブルースのそばで嗚咽が上がりました。彼女たちを眺めてブルースはひっそり心の内で怒りを込めてつぶやきます。

 

(おめでとうクラーク。君は彼女達の心を打ち砕いたぞ)

f:id:mukashime:20161123171154j:plain

 

(だがスーパーマンである君が死ぬはずはない)

 

(もっと悪いことが起きている)

  

(君は我々を見捨てただけだ)

 

(君はこう思っているのかもな。もはや自分は人間に必要とされていないと)

 

 

二人のヒーロー

 

地道に回復していく町を見て回ったりと、日々を過ごすブルースの心を占めるのはスーパーマンのことばかり。

 

ある日、アルフレッドに車椅子を押してもらいながら、ブルースはバットケイブに降りました。

背骨を負傷しているブルースは歩くのも難儀する有り様で、移動のほとんどを車椅子で行っています。

 

アルフ「すばらしいお考えとは思えませんね」

ブルース「1度でも私のアイディアをすばらしいと思ったことがあるか?」

アルフ「それもそうですね。ですが、どうか」

 

車椅子から無理矢理立ち上がったブルースが苦しげに呻くと、アルフレッドは思わず「ブルース!」と声を乱します。でもブルースはやめようとしません。

 

ブルース「私は大丈夫だ。我々には時間がない。それに」

 

なんとか自分の足で立ったブルースは、そこに備えていた二足歩行型のロボットスーツに歩み寄ると、着込むようにして乗り込みます。

f:id:mukashime:20161123171920j:plainザク?

 

 ブルース「それに誰かがここを掃除しなければならないだろう?」

 

そう言ったブルースの前には、ハイテク機器も、恐竜の置物も、巨大なコインも、何もかもが破壊され尽くしたバットケイブの光景が広がっていました。

 

f:id:mukashime:20161123172109j:plain恐竜「解せぬ…」

 

 次々と残骸を持ち上げ、ケイブを掃除しながら、ブルースはまたのことを考えています。

 

(クラーク。もし君がここにいれば、こんな掃除、すぐに終わるだろうな。心臓がいくつか脈打つ間に、何もかも元通りにできる。だが、君はまだ怒っているんだ、そうだろう?)

 

ブルースの意識が現在を離れ、6ヶ月前のあの日に遡ります。

 

バットケイブに激しい警告音が鳴り響く。バットマンはモニターを確認するや悪態をつき、手元のスイッチを押します。すると辺りに緑色に発光する物体が現れました。

 

f:id:mukashime:20161123172622j:plain

 

走り出しながら、バットマンはまだ見ぬ侵入者へ語りかけます。

 

「聞いているだろう、クラーク」

「こんなことをする必要は無い。話をしよう」

 

(私はやるべきことをやったんだ。君だってわかっているだろう?)

(あれが唯一、戦争に勝つ方法だったんだ)

(君にはあの非情な選択をする覚悟はなかった)

 

辿り着いたケイブには、バットマンの予想通り、スーパーマンがいました。バットマンの言葉など聞こえないかのように、怒りの唸り声をあげながら、スーパーマンは彼に襲いかかり…

 

f:id:mukashime:20161123172922j:plainマジ切れじゃん…

 

(それが私が聞いた最後の君の声だ)

 

スーパーマンに破壊された物の残骸を焼却炉に放り込み、それらが跡形も無く溶けてなくなるのを、ブルースは眺めます。

 

f:id:mukashime:20161123173355j:plain

(私は謝罪をするつもりはないし、君に謝罪して欲しいとも思っていない)

(私は君を知っている、クラーク。そして私自身を知っている)

(君はいつだって、我々二人には共有できる目標があると信じたがっていた)

(だが私と君は違う)

(戦い方も、限界も)

 

(我々のうち一人は、常にその限界に挑むつもりだった)

 

う〜〜〜ん…片方は同じだと信じたがっているのに、もう片方は現実を見て判断して半ば諦め気味というか違いを受け入れ気味……この温度差とすれ違い……

 

「ブルース」

 

呼びかけに振り向くと、ケイブの巨大モニターをアルフレッドが示しています。

 

「メタロです。あの核爆発を生き抜いたようですね」

f:id:mukashime:20161123173530j:plain

スーパーマンの宿敵メタロ。モニターに映るその禍々しい姿を見上げ、ブルースはもう何度も何度も思ったことを、心中で再び呟きます。

 

(世界にはまだスーパーマンが必要なんだぞ)

 

(君は、どこにいるんだ)

 

スーパーマンをたずねて孤独の要塞

 

天才少年ヒロが作ってくれたパワードスーツを着て、バットマンはスーパーマンの秘密基地である「孤独の要塞」にやってきました。

そこにはスーパーマンの愛犬、クリプトが残っていました。野生のオオカミに混ざって肉を貪るクリプトにバットマンは近寄ります。

 

「クリプト。私だ。カルを探しているんだ」

 

f:id:mukashime:20161123173657j:plain

しかし、クリプトはバットマンのことを忘れたかのように、激しく襲いかかります。アーマーの上から腕を噛まれるバットマン。しかしそんな一人と一匹の間に割り込んだ人物がいました。

 

f:id:mukashime:20161123173805j:plain

 

「スティール…ありがとう」

「何をしに来たんだバットマン

 

礼を言うバットマンに、しかしスティールは嫌悪も露わな態度で言い放ちます…。

 

「君はここに歓迎されない客人だ。わかっているだろうに」

「スーパーマンに知らせたいことがあるんだ」

「メタロのことか?」

 

バットマンが何を言っても、スティールの表情も態度も、冷たいまま少しも変わりません。

 

「スーパーマンが仮に生きていたとして、おまえの言葉を信じるとでも?

 

「お前はもう、スーパーマンの全てを磨り減らしたんだ、バットマン

f:id:mukashime:20161123174250j:plain

実家に帰った嫁の実家を訪れたら姑に追い返されたような会話ですね。

自分のことは自分でやれとスティールに一刀両断され、何も言い返せないバットマン…。

 

しかしスティールにまでこんなに嫌われて…バッツは本当に何をしたんですか…。

スーちゃん帰ってきて……

 

 

スーちゃんをたずねてクリプトナイト

 

探し回るのはもうやめだ!こうなったらスーちゃんを誘い出したるわ!と意地になってきたようにも見えるバットマンは、今度はクリプトナイトを大量に持って、テキサスにあるコムストック空軍跡地にやってきました。しかしほんとこのissueのバッツはスプス探しに集中しまくりやな…

クリプトナイトをよく見える場所に並べ、スーパーマンおびき寄せようという作戦です。

 

f:id:mukashime:20161123174419j:plain

なんでそんなめんどくさいことするの…?

 

仮にスーパーマンがこれに気づいたとしても、普通なら「こわ…近寄らんとこ…」ってなるというかぶっちゃけ近寄れないんじゃという気もするんですが、バットマン先輩まじめにやってるから…

 

これだけ大量のクリプトナイトが集めておいてあるのを見たら放っておかないだろう!いつでもおいでスーちゃん!なバットマン先輩…あ!なんか空から光が近寄ってくる!スーちゃんかな!

 

f:id:mukashime:20161123174537j:plain

メタロ「スーちゃんだと思った?残念!」

 

クリプトナイトをエネルギーとするメタロが来てしまいました。おまえじゃねえよ!チェンジ!!!

 

f:id:mukashime:20161123174853j:plain

しかし帰る気が一切ない強引なメタロ嬢

 

強化スーツを着ていてもぼこぼこにされてしまうバットマン

叩き付けられ、殴り飛ばされ…しかしヒロの遠距離からのサポートを受け、バットマンはなんとかかんとかメタロを倒すことに成功しました。

 

 ヒロ「やったねバットマン!俺たちって結構いいチームになれそうじゃんね?!バットマン?」

 

勝利にはしゃぐヒロ。しかしそれに答える声がありません。

 

f:id:mukashime:20161123175040j:plain

 

バットマンバットマン!!

 

 

 

「クラーク?」

 

(それから数週間後、私は眼を覚ました)

 

 はじまりと同じ…病院のベッドに横たわる、満身創痍のブルース…そしてその傍らにはアルフレッドが控えていました。アルフレッドはブルースの背骨がまたも砕けている事実を皮肉気に伝えます。そして、こう続けました。

 

「あなたの日記を見つけました。そこに書かれた…彼へあてた手紙を読みました」

 

散々スーちゃんどこ?どこにいるの?って言ってたあの独白は、どうやら全部日記に書いていたらしいブルース。そして寝ている間に、親同然のアルフに見られちゃったという。………見られちゃったの(震え)

 

ブルースは何も答えません。黙したままのブルースに、アルフレッドは続けます。

 

「あなたは彼の助けがほしかった。今もそうでしょう。あなたは彼を必要としている」

 

f:id:mukashime:20161123175719j:plain

「ですが…今に至るまで一度でも、声に出して彼を呼びましたか?

 

 

 

ルフレッドもいなくなり、ブルース一人きりの病室。窓の外は、日が暮れかけています。囁かな日の光でも、病室な大きな窓のおかげで、余さず見て取ることが出来ます。

その窓から外を眺めながら、ブルースは囁きました。

 

f:id:mukashime:20161123175840j:plain

 

「クラーク?」

 

f:id:mukashime:20161123175817j:plain

 高層ビルの隙間に夕日が沈んでいき、夜闇が覆い被さっていく外の光景を、ブルースはずっと見つめていました。

 

 

 

退院したブルースは再びケイブにいました。かつてクラークに破壊された品を焼いたのと同じ焼却炉に、自分の日記を放り込みます。

 

f:id:mukashime:20161123180021j:plain

 

(お前にとって最早世界など分に過ぎると言うわけか)

 

(わかった)

 

(ならば世界には私のやり方で妥協してもらう他あるまい)

 

 

 

個人の感想です

 

誰も来ない窓の外を見つめ続けるブルースが切ないってレベルじゃなく辛い(とても辛い)

 

 

全編通して、ブルースからスーパーマンへの語りで構成されていて、普段お互いをどう思ってるのか、仲良しなのか険悪なのかさえわかりにくい二人の複雑な関係を、ブルース視点で読ませてくれるおもしろい話でした

 

なぜ世界が破壊されたのかとか敵が誰なのか、さらにブルースが世界を救う為に行ったことの詳しい内容とか知りたいので、もう少し他のフューチャーズエンドシリーズもいつか読みたいです。

 

スーパーマンの万能さと優しさに対し、バットマンは限界を知る者の冷静さと冷酷な判断力がある。その違いをバットマンは理解しているけど、スーパーマンは微妙に理解していない雰囲気があるっていうのがもう…至高かよ……としか

スーパーマンに決断できないことを、バットマンは決断できる。スーパーマンには出来ないからこそバットマンがやるっていう感じもして何か色々滾りますね

しかしそうまでして世界を救っても、ヒーロー仲間からも非難され、スーパーマンさえ失い……っていうオチがせつねえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

人類を見捨てた見捨てたとやけに強調して、おまえは人類に必要なんだよとしつこく言うのも、本当にスーパーマンを必要としていたのはバットマン自身に他ならないんだろ!そうだろ!という多分読み始めてから誰もが「はっきり言いなさいよお!」って思ってたことをずばりアルフが言ってくれて助かりました。さすがアルフ!俺たちにできないことをry

 

ブルースがどうしてぎりぎりまで「クラーク」と声に出して呼ばなかったのか。クリプトナイトで誘き寄せるとか明らかに無駄なのに…普段のブルースらしくない…。

はっきりとは書かれていませんが、アルフレッドの台詞からしても、ブルース自身の中で、「本当にクラークはいないし、いたとしても戻ってこないのだ」という現実から眼をそらしていたのではないかと勝手に思いました(感想文)

世界中の声を聞き取れるスーパーマンの能力をブルースは誰よりも理解しているのに、手紙や心の中で呼び続けるばかりだったのは「逃げ」だったのかなあ……

 

うーんスーちゃん…よくわかんないけどとりあえず殴りにくるだけでもいいから一回帰ってきてあげて……

 

 

収録本

これスーパーマン大切な人を殺していくヴィランが現れてそいつにバットマンが狙撃される話も入ってるじゃん…?